OKIOpen up your dreams

OKIソフトウェア

  • OKIホーム
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

 


現在位置:Home > 採用情報 > 新卒採用 > 選考と研修


新卒採用

選考と研修

選考プロセス

  • エントリー→適性検査→企業個別相談会→書類選考、筆記試験→面接→内定

教育研修制度

新入社員教育

入社前通信教育(6ヶ月)に加え、入社後は3ヶ月間の「新人研修」を行います。これらの研修で、コンピューター基礎知識・ソフトウェア製造工程知識・汎用言語の習得、模擬プロジェクトの体験学習など情報処理の基礎を学びます。また、配属後2年間のOJTにより一人前のソフトウェア技術者に育成します。

新人研修

4月から6月までの3ヶ月間、社内研修を行います。社内ルールからコンプライアンス、プログラム、品質管理など、多岐に渡って学べます。

階層別研修・技術研修

入社3年目以降も社員個人の適性や技能、経験に応じて定期的な階層別研修(中堅、マネージャー研修など)をはじめ、システム設計技術やネットワーク技術などの技術教育を随時実施。社員のスキルアップを支援します。

資格取得推奨

通産省認定の情報処理技術者資格およびベンダ認定資格の取得を奨励し、各種の支援プログラムを用意しています。220種類を超える資格に報奨金を支給し、各メンバーがスキルを磨いています。

ページの先頭へ