現在位置:Home > 商品・サービス > CRMソリューション/コールセンター > enjoy.CRMⅢ > 活用事例


CRMソリューション/コールセンター

enjoy.CRMⅢ 活用事例

enjoy.CRMⅢロゴ

コンタクトセンターでは、多様化した顧客の課題やニーズに応えるため、より効果的な顧客対応が求められています。多様な顧客接点、管理対象データの拡大、全社での情報共有と活用など、従来の枠組みを超えて業務を実現する必要があり、enjoy.CRMⅢは業務に合わせて柔軟にシステムを変更して、ヒト(企業・担当者)・モノ(機器・設備)・コト(体験・対応履歴)を密接に連携した業務運用が可能です。

ソリューション概要

ソリューション概要図

管理対象データの柔軟性

  • CRM⇒xRM(x:anything)として色々なデータを管理できます。
  • 会社や人ではなく、モノ(機器/設備 等)を中心にして、対応履歴を管理できます。

店舗を中心とした例:

多店舗を運営する企業では、顧客からの問い合わせを管理する際、どの店舗への問い合わせなのかといった管理ができます。

マンションを中心とした例:

マンションや不動産管理業務では、管理対象のマンションに対して居住者からの問い合わせなのか、そのマンションに対して関連業者への連絡なのかといった管理ができます。

レンタル/リース品を中心とした例:
車両や機器などの製品に対して、それを利用する会社や人、契約などの情報を紐づけ、どんな対応が発生したかといった管理ができます。

顧客接点/チャネルの統合

電話やメール以外のチャネルからの問い合わせも、柔軟に追加して一元管理ができます。

コンタクトセンターと社内各部門とのシームレスな連携

1. コールセンター利用の基本構成

コールセンター利用の基本構成の図

2. 受付チャネルの追加と保守部門との連携例

受付チャネルの追加と保守部門との連携例の図

3. 営業部門との連携例

営業部門との連携例の図

4. 店舗との連携例

店舗との連携例の図

ページの先頭へ