OKIOpen up your dreams

OKIソフトウェア

  • OKIホーム
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

 


現在位置:Home > 商品・サービス > TCP/IPコミュニケーションミドルウェア > Situator > サポート > WindowsファイアウォールにSituatorを例外として登録する方法


TCP/IPコミュニケーションミドルウェア

インテリジェントなTCP/IP 通信ミドルウェア Situator®WindowsファイアウォールにSituatorを例外として登録する方法

Windows XP サービスパック2がインストールされたコンピューター上でSituatorをお使いいただく場合、WindowsファイアウォールがSituatorの通信をブロックしないよう設定を行う必要があります。

登録手順と確認

  1. Situatorをインストールしたコンピューターをネットワークに接続します。
  2. Situatorを起動し、ネットワーク上の他マシンからTCPの着信を待つ設定を行うと、図1のような警告ダイアログが表示されます。


    図1 警告ダイアログ

  3. WindowsファイアウォールがSituatorの通信をブロックしないよう、「ブロックを解除する(U)」ボタンを押します。
  4. SituatorがWindowsファイアウォールに登録されたかどうかは、[コントロールパネル]からWindowsファイアウォールを起動し、「例外」タブを選択することで正しく登録されたかが確認できます。


    図2 Windowsファイアウォールに例外として登録されている

ページの先頭へ