OKIOpen up your dreams

OKIソフトウェア

  • OKIホーム
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

 


現在位置:Home > 商品・サービス > TCP/IPコミュニケーションミドルウェア > Situator > 製品紹介


TCP/IPコミュニケーションミドルウェア

インテリジェントなTCP/IP 通信ミドルウェア Situator®製品紹介

Situator(シチュエーター)とは

SituatorはTCP/UDPプロトコルの上位に位置し、TCP/IPプロトコルやプロトコルインターフェースに対する知識が乏しくても、TCP/IP通信をはじめ様々なプロトコルの利用が可能なTCP/IP通信ミドルウェアです。

プロトコル構成図

データを準備するだけでTCP/IP通信が可能

TCPパケットのTCPユーザーデータ部分をテキスト形式で準備するだけで、すぐにTCP/IP通信が始められます。

データ送信イメージ

ページの先頭へ

分かりやすい画面表示と操作

Windows標準のGUIを採用しているため、一般的なWindowsアプリケーションの操作経験があれば、マニュアルを熟読しなくてもすぐに使い始められる画面表示、操作です。

画面イメージ

マルチコネクション対応

1つのSituatorで複数のTCPコネクションを制御できる上、さらに複数のSituatorを1台のPCで同時に動作させることも可能です。

マルチコネクション対応

ページの先頭へ

簡単なプログラミングによる自動化と多彩な言語サポート

プログラム組み込みイメージ

シーケンス・データ生成の自動化も簡単なプログラミングで実現可能。プログラミング言語として以下の言語をサポートしているため、利用者のスキルにあわせた言語選択が可能です。

  • Microsoft VBScript
  • Microsoft JScript
  • Microsoft VisualBasic
  • C
  • C++

ページの先頭へ

シナリオ機能による自動化

シナリオ実行イメージ

パッケージ同梱のシナリオエディターを利用すれば、画面上でTCP接続やデータ送信などの処理要素を順番に配置するだけで、TCP/IP通信を行うシナリオを簡単に作成することができます。
作成したシナリオはSituatorで実行することができ、自動処理を簡単に構築することができます。

ページの先頭へ

プロトコルオプションのサポート

プロトコルオプションのサポート

Situatorに別途、SIP、SNMP、HTTP、FTP、SSL/TLSプロトコルオプションパッケージ(別売)を追加すると、これらのプロトコルに簡単に対応することができます。

ページの先頭へ

IPv6対応

SituatorはIPv6にも対応。
今後市場拡大が見込まれる情報家電等の分野にも十分適応可能です。

ページの先頭へ

外部ツールからのデータ取込み

データ取り込みイメージ

パッケージ同梱の「キャプチャデータ変換ツール」を利用すれば、ネットワークプロトコルアナライザ「Wireshark」でキャプチャしたデータがそのままSituatorで利用できるようになります。

ネットワークプロトコルアナライザ「Wireshark」の詳細についてはWireshark(英語サイト)をご覧ください。

「キャプチャデータ変換ツール」は製品に添付されておりますが、当社ではフリーソフトウェアとして ソースコードを公開いたしております。
ソースコードをご希望のお客様は、こちらからダウンロードいただけます。

ページの先頭へ

バイトストリームからのメッセージ再構築

バイトストリームからのメッセージ再構築

TCPプロトコルはバイトストリームであり、上位層のアプリケーションがメッセージの組立てを行わなければいけません。
パッケージ同梱の「受信設定定義ファイルエディター」を用いて、その組立て方法を設定すれば、Situatorがその処理を代行します。
煩雑なメッセージ組立て処理から開放されます。

ページの先頭へ

コンポーネントとしての利用

コンポーネントとしての利用

Situatorの機能から必要な機能を抽出し、コンポーネント(部品)として活用することもできます。

SituatorはLinuxにも対応しています

Linux版では、Windows版のようなGUIはありませんが、Windows版と同等のコンポーネント機能を有しています。

  • C/C++、Javaでの開発をサポート
  • SIPプロトコルに対応(オプション)

ページの先頭へ