Q1:設定ファイルの種類は?

プロパティファイルと XML ファイルがあります。

以下は Log4j のアーカイブに付属するそれぞれのサンプルです(設定項目は異なります)。

プロパティファイル

log4j.rootLogger=DEBUG, STDOUT

# A is set to be a ConsoleAppender which outputs to System.out. 
log4j.appender.A1=org.apache.log4j.ConsoleAppender

# A1 uses PatternLayout.
log4j.appender.A1.layout=org.apache.log4j.PatternLayout

# The conversion pattern uses format specifiers. You might want to
# change the pattern an watch the output format change.
log4j.appender.A1.layout.ConversionPattern=%-4r %-5p [%t] %37c %3x - %m%n

# In this example, we are not really interested in INNER loop or SWAP
# messages. See the effects of uncommenting and changing the levels of
# the following loggers.
# log4j.logger.org.apache.log4j.examples.SortAlgo.INNER=WARN
# log4j.logger.org.apache.log4j.examples.SortAlgo.SWAP=WARN

XMLファイル

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<!DOCTYPE log4j:configuration SYSTEM "log4j.dtd">

<log4j:configuration xmlns:log4j='http://jakarta.apache.org/log4j/'>

    <appender name="STDOUT" class="org.apache.log4j.ConsoleAppender">
       <layout class="org.apache.log4j.PatternLayout">
         <param name="ConversionPattern"
                value="%d %-5p [%t] %C{2} (%F:%L) - %m%n"/>
       </layout>        
    </appender>
        
    <logger name="org.apache.log4j.xml">
      <priority value="info" />
    </logger>
        
    <root>
       <priority value ="debug" />
       <appender-ref ref="STDOUT" />
    </root>
        
</log4j:configuration>


設定ファイルのサンプルは Log4j パッケージの以下に格納されています。

  Log4j のルートディレクトリからの相対パス
プロパティファイル examples
XMLファイル src/java/org/apache/log4j/xml/examples

XML ファイルの方がプロパティファイルよりも設定できる項目が多いため、XML ファイルを採用することをお勧めします。

この XML ファイルは、

これらを参照すれば記述できるでしょう。プロパティファイルの記述方法を知っていれば難しくないはずです。


トップページへ戻る