Q1:Chainsaw とは?

リモートログイベントをリアルタイムに表示する Swing ベースのログ監視ツールです。Log4j と同じく Apache Logging Service Project によって提供されています。以下は最新版の Chainsaw v2 のスナップショットです。

ログレベルによる受信ログイベントのフィルタリングや、大量のイベントが送信された場合バッファリングして画面を更新することによってGUIのハングアップを防ぐといった機能を持っています。

Chainsaw へログイベントを送信するには、以下のように SocketAppender でホスト名、ポート番号(デフォルトでは4445)を指定します。

  <appender name="CHAINSAW_CLIENT" class="org.apache.log4j.net.SocketAppender">
    <param name="RemoteHost" value="localhost"/>
    <param name="Port" value="4445"/>
    <param name="LocationInfo" value="true"/>
  </appender>

尚、Chainsaw v2 は執筆時点ではまだ正式なバイナリが提供されていません。 (2006/08/10 修正) Chainsaw v2 から JavaWebStart でも実行できるようになっています。


トップページへ戻る