EclipseUML メモ

最終更新日:2004/02/04
gomi521@oki.com
ogawa567@oki.com

目次

準備

  1. Eclipse のインストール
    インストール方法の詳細はここにあります
  2. EclipseUML のダウンロード
    OMONDOからダウンロードします
    ユーザ登録を行って、ダウンロードするようになります
    Eclipse, JDK と EclipseUML の版数対応の情報もこのページにあります
    筆者はすべて最新の版で使用しています

インストール

  1. EclipseUMLのインストール
    eclipseuml-installer_*************.jar を実行しますと自動的にインストールが始まりますので、指示に従ってインストールを行います
    展開するディレクトリは適当なディレクトリを指定します
  2. Eclipse ディレクトリへのコピー
    展開したファイルを Eclipse の同名のディレクトリにコピーします

起動時設定

  1. Eclipse の起動(最初の1回)
    Eclipse を起動するときに「更新マネージャを開くか」の問い合わせには「はい」を設定

使い方

  1. UML 図の新規作成
    Eclipse を起動して、「ファイル」「新規」「その他」をクリックします
    「UML ダイアグラム」をクリックして、希望するダイアグラムを選びます
    例えば、「UML クラスダイアグラム」を選択します
    (図参照。クリックすると拡大します。)
     
  2. 他の UML 図のインポート
    ROSE の mdl ファイルや EMF のファイルがインポートできます。 インポートするときにはチェックする欄がありますので、チェックして、参照でファイル名を入力します。
  3. クラス図の作成
    使用方法はドラッグ&ドロップ方式でなく、クリック方式です。 以下にクラス図の作成の様子を示します。
    (図参照。クリックすると拡大します。)

    メソッド、コンストラクタやアトリビュートはクラス図のクラス名を右クリックをして、作成します
    設定で UML 準拠のクラス図にすることも可能です。
    (図参照。クリックすると拡大します。)
  4. ソースコードの生成
    自動的に行われます。クラス図のクラスをクリックしますと対応するソースコードが現れます。またソースコードを編集して保存しますと直ちにクラス図に反映されます。
    (図参照。クリックすると拡大します。)
     
  5. クラス図の挿入(リバースエンジニアリング)
    クラス図で右クリックをして、「挿入」を選んで、クラス名を入れることにより、 クラス図を挿入することができます。
    (図参照。クリックすると拡大します。)
     

作図機能について

筆者(小)が2003/06月にEclipseUMLを使用した時の感想をここに載せます。最新版では仕様が変わっているものもあると思いますので、あくまでも参考程度ということで・・・

ユースケース図

良い点:

悪い点:

アクティビティ図

悪い点:

クラス図

良い点:

悪い点:

リバースエンジニアリング

ソースがすべて正常にコンパイル可能な状態でなければリバースできない。TCCはコンパイルが通らなくても関連や汎化を表示可能。リバースされる図が(TCCと比べて)見づらい。


資料室へ戻る


Copyright (c) 2003, 2004 OKI Software Co., Ltd.